You are here
Home > Future Events > 1649年1月30日のチャールズ一世の殉教死の記念式典での毎年の行進

1649年1月30日のチャールズ一世の殉教死の記念式典での毎年の行進

今日目にする兵士たちはすべて英国ピューリタン革命の王党派であるキングス・アーミーのメンバーであり、それは1642年から1649年のチャールズ一世と議会との戦いを再現している。悲劇にも最終的にチャールズは敗北し、拘留、裁判の後に公開処刑された。今日は1649年1月30日の彼の命日に最も近い日曜日である。ホースガーズの上にある時計が午後2時を示すと王の処刑された時間を思い起こさせる。

今日の追悼行進は、チャールズの最期のルートであるザ・マルからホースガーズへと通って行われる。ホースガーズで宗教的なドラムの演奏が行われ、旗を持った一行が行進し、祈りがささげられる。そして忠誠の誓いが宣誓され、勲章と権限が与えられる。

彼の威厳をもった忌まわしい処刑を思い起こさせるリースが、ホースガーズアーチを通って、名誉ある護衛兵によって運ばれる前に、全アーミーの周りで行進が行われる。そしてそれはバンケティング・ハウスへと向い、忌まわしい処刑が行われた場所に置かれる。

一方で、このことで、アーミーは喪服を脱ぎ捨て、ドラムをたたいて旗を掲げながらセントジェームズ宮殿に戻るルートを引き返す前に、戦いの命令を再開させる。

ここに、王に対する偉大な叫びと大喝さいをもって、彼らは街から出る反乱をものともせず、ここ何年かのうちに彼らと戦う。

Top